薬剤師が転職を決断する6つの理由とは?

薬剤師の転職について、転職経験のある薬剤師さんは70%、しかも3回以上転職された方が30%以上と意外に多い結果になっています。特に女性の場合、結婚、出産、引越しを機に、転職を考える方が多いようです。

 

転職時期については、ある程度現場で経験を積んだ、勤続年数「3年目」に転職をされる方が最も多いようです。薬剤師は、よりよい条件、働きがいを求めて、新しい環境に積極的にチャレンジする方が多いと言えます。

 

転職する際に重要視する項目は、「給与水準」「仕事内容」「通勤時間」の3項目です。次点として、「休日」「労働時間」「人間関係」と続きます。それでは、薬剤師が転職する理由を細かく見ていきましょう!

 

 

 

(1)給与の不満

薬剤師で収入(年収・給与)に不満を感じて転職する人は意外に多いものです。その理由は大きく分けて3つあります。

 

(1)単純に給与が安過ぎる

薬剤師の平均年収は約530万円ですが、自分の年収がかなり低いとなると不満を抱くのは当然のことかもしれません。労働条件があまり違わないなら、高収入が見込める求人先への転職を決断するということになるのです。

 

 

 

(2)仕事に対して収入が低い

毎日の仕事量が多いのに低収入だったり、難しい業務をこなしているのに給料が安いとなると転職を考えざるを得ません。特に薬剤師はミスの許されない職種ですので、「こんな低収入では見合わない」と考える人が多いようです。

 

(3)昇給がない、残業代が出ない

現在の給与はまずまずだが、昇給や残業代が期待できない職場というのも問題です。「いくら働いても給料がアップしない」「サービス残業ばかりで不満」というのも薬剤師の転職理由のひとつになっています。

 

 

 

 

 

 

(2)人間関係のトラブル

薬剤師の転職理由で多いのが職場の人間関係です。上司、先輩、同僚、後輩はもちろん、経営者(オーナー)やお客さんとの人間関係も転職の原因になります。

 

(1)上司や先輩と上手くいかない

店長や主任、先輩との人間関係が上手くいかないと職場で働きにくくなります。「自分が何をしても叱られる」「単に嫌われているだけかも」「職場に行くのが気が重い」等となれば転職を決断するのも無理はありません。

 

 

 

(2)同僚との関係が悪化している

職場では同僚と上手くやっていかないと仕事に差し支えます。「仕事の用事で話しかけても無視される」「席を外すと悪口を言われる」という状況になるとストレスが溜まって転職という結果になります。

 

(3)後輩の顔を見ただけでイライラ

一生懸命仕事を教えても成果が出ない、何か少しでも注意すると逆切れする、ミスがあれば自分がカバーしなくてはならない等々、後輩にイライラする薬剤師はたくさんいます。限度を超える状態になれば転職という例も少なくないのです。

 

(4)経営者やお客さんとのトラブル

勤務先の経営者(オーナー)は薬剤師の雇用主です。その経営者と合わないとなれば、いくら頑張っても無駄と感じるでしょう。また、お客さんや患者さんとのトラブルが続くようなら転職せざるを得なくなります。

 

 

 

(3)待遇・労働条件が悪い

職場の待遇や労働条件の問題も転職の大きな原因です。

 

(1)仕事にやりがいを感じられない

現在の仕事に労働意欲を感じない、もっと違う仕事をしたいという理由で転職する薬剤師も少なくありません。苦労して国家資格を取得したのに、やりがいを感じられずストレスで体調を崩す人もいます。仕事の意欲は薬剤師が働く上で重要なポイントです。

 

(2)労働時間が長過ぎて限界を感じる

残業が多くてプライベートの時間がない、シフト制で夜勤があり体力の限界を感じる等の状況は、転職理由になりやすいものです。特に薬剤師不足の職場では「休みたくても休めない」「深夜になっても帰れない」などの状況になりがちです。

 

(3)出産や育児に理解がない職場に不満

勤務先の経営者や上司が「出産」や「子育て」に理解がないと転職の原因になります。特に薬剤師は女性が多く、こうした理由で転職する方が増えています。自分のライフサイクルを考えた上で転職となるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

(4)「将来を見据えてスキルアップ」

薬剤師として働くのは収入だけが目的ではありません。自らがステップアップすることで、より患者さんの役に立つ仕事をしたいと考え、転職する薬剤師もたくさんいます。

 

(1)毎日単純作業ばかりで虚しい

せっかく薬学大学を卒業して国家資格を得たのに、勤務先の職場では商品整理や在庫管理などの雑用ばかりではモチベーションが上がりません。これまで学んだ知識を活かしてスキルアップするには、新しい勤務先に転職するというケースが多いです。

 

(2)薬剤師としてのステップアップ

薬剤師として調剤や販売を行なうだけでなく、新たにステップアップを目指すという薬剤師もいます。人気があるのは薬剤管理指導を担当する臨床薬剤師や、薬剤・従業員の管理指導を担当する管理薬剤師の仕事です。こうした仕事はやりがいがあるだけでなく、収入アップになります。

 

 

 

(5)患者さんと密に接する職場に行きたい

薬剤師として、今よりも患者さんの役に立ちたいという理由で転職する方もいます。

 

(1)調剤薬局から病院薬剤師に転職

薬局でもたくさんの患者さんと接する機会があるものの、より濃密に患者さんをサポートしたいと考えて病院(病棟担当)薬剤師に転職するケースは少なくありません。病棟の仕事は日々患者さんと接するのが中心で、スキルアップと同時にやりがいを感じられます。

 

 

 

(2)在宅業務のある調剤薬局に転職

一般的な薬局やドラッグストアから、在宅業務のある調剤薬局に転職する薬剤師が増えています。在宅業務とは、薬局勤務の薬剤師が直接患者さんの自宅に訪れ、処方箋の調薬を届けて服薬指導や薬剤管理を行なう仕事です。高齢化社会の進捗とともに、今後さらに需要が伸びていく分野でもあり、転職する薬剤師は増えていくと考えられています。

 

 

 

 

(6)上記以外の場合

(1)パート、アルバイトから正社員に

収入アップや安定収入を目的に、パート・アルバイトから正社員を目指して転職するケースです。薬剤師資格は一生ものです。結婚生活が落ち着いたり、子育てが終わった時期に正社員へのステップアップも可能です。

 

(2)薬剤師として独立開業も夢ではない

薬局やストアで働いて主任や店長を目指すというだけでなく、独立して店舗開業というステップアップ方法もあります。そのためのスキルやノウハウを得られる求人先に転職し、資金を貯めながら働くというのも合理的なやり方です。

 

 

 

こんな記事も読まれています!


(1)薬剤師の求人で給料が高い(高収入の)調剤薬局とは? 


(2)転職希望の方必見!薬剤師の8つの業種別メリット・デメリット! 


(3)薬剤師の転職で「給料が高い」おすすめのドラッグストアとは? 


(4)薬剤師が転職する前に知るべき11個のポイント! 


(5)薬剤師の求人で「給料が高い」おすすめの「病院」とは? 


(6)薬剤師の転職で「給料が高い」おすすめの「企業」とは? 


(7)薬剤師が転職を決断する6つの理由とは? 


(8)3年連続で「利用者満足度No.1」の薬剤師転職サイトとは? 


(9)最大40万円のお祝い金がもらえる薬剤師転職サイトとは? 


(10)薬剤師の転職情報サイト満足度ランキング 2020最新版! 


高収入! 都道府県別でおすすめの薬剤師の求人は?



薬剤師の転職サイトを徹底比較! 2020年最新版!

薬剤師の転職サイトを徹底比較しました。転職されている方の多くは、転職エージェントに3社程度登録して、比較しながら転職活動をされている方がほとんどです。


「求人件数」と「特徴」などを参考に、転職活動をしっかりとサポートしてくれる転職エージェントを上手に使い、転職を成功させて下さい。



エージェント名 登録件数と特徴
おすすめNo1
マイナビ薬剤師



求人件数

43,812


特徴

マイナビ薬剤師は、「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職・就職支援サービスです。


首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーし、満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。


薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、マイナビ薬剤師は、3年連続で「利用者満足度No.1」の評価を得ている転職支援サイトです!


オフィシャルサイト

マイナビ薬剤師

おすすめNo2
ファルマスタッフ



求人件数

77,023


特徴

ファルマスタッフは、高収入情報が満載の薬剤師専用「求人・派遣・転職」サイトです。充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートしてくれます。薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績です。


ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントです。ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしています。


そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しています。


オフィシャルサイト

ファルマスタッフ

おすすめNo3
薬剤師転職ドットコム



求人件数

24,452


特徴

薬剤師転職ドットコムは、業界トップクラスの求人数を誇る「薬剤師転職支援サイト」です。


薬剤師の方で新しい転職先を探す方が、すべて無料で、「求人探し〜キャリア相談〜応募〜面接〜条件交渉・日程調整〜入職の手続き」のサポートを受けられます。


東証上場グループ企業ですので、「厳重な個人情報管理体制」や転職サポート体制も他社に比べて手厚いのが特長になります。

オフィシャルサイト

薬剤師転職ドットコム

おすすめNo4
ジョブデポ薬剤師



求人件数

32,260


特徴

ジョブデポ薬剤師は、8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイトです。常勤・非常勤を問わず全国の薬剤師の転職をサポートしています。


専任のコンサルタントが求職者の希望条件をヒアリングしてそれに合致したお仕事をスピーディーに紹介してくれます!

オフィシャルサイト

ジョブデポ薬剤師

おすすめNo5
薬キャリ(エムスリーキャリア)



求人件数

33,000


特徴
  1. 業界最大級!3万件以上の求人情報数
  2. 薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
  3. 地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
  4. 紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能

オフィシャルサイト

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

おすすめNo6
ファル・メイト



求人件数

4,793


特徴

ファル・メイトは薬剤師の派遣・紹介予定派遣の求人紹介会社です。子育て中の空いている時間を有効活用したい、Wワークをしたい、ちょっとつなぎで派遣の仕事をしたと思っている薬剤師には最適です。


薬剤師の資格を生かして働く雇用形態には、正社員やパートやアルバイト、契約社員や人材派遣などがあります。


このうち、正社員やパートのお仕事は、比較的多くの薬剤師求人サイトで見つけることができますが、契約社員や人材派遣などの雇用形態は見つけにくいという特徴があります。


ファル・メイトでは、こうした人材派遣や契約社員の雇用形態の求人も豊富に取り扱っていて、高い時給と抜群の好条件で転職先を見つけることができます。

オフィシャルサイト

【ファル・メイト】