薬剤師が年収アップに成功する5つの転職方法とは?

薬剤師の平均年収と業界全体の求人需要

現在は薬剤師になるためには、大学の薬学部で6年間学ばなければなりません。また、医薬分業が進んだこと、薬剤師の活躍の場が病院や薬局、ドラッグストアに止まらず、製薬会社や介護事業、食品メーカー、化粧品メーカー、臨床検査機関に広がったこと、服薬指導や薬歴管理、薬剤情報提供にも医療報酬(点数)が与えられるようになったことから、まだまだ薬剤師不足という現状があります。

 

そのため、年収アップの条件がクリアできている薬剤師は、積極的に転職活動を行っています。その際、自分の今後のキャリアをどう考えるのか、年収アップを条件にするなら職場が変わるのもいとわないのかなど、自分のキャリアデザインをしっかり行っておくことが大切です。

 

 

 

まずは薬剤師の平均年収を確認してみましょう!

もしかしたら、あなたの今の収入は、平均と比べてすでに高いのかもしれませんよ!

 

 

【薬剤師の平均年収】

  • 平均年収:531万6,700円
  • 平均月収:38万1,600円
  • 平均年間賞与額:75万7,500円

 

【男性薬剤師の平均年収】

  • 平均年収:587万4,200円
  • 平均月収:42万7,500円
  • 平均年間賞与額:74万4,200円

 

【女性薬剤師の平均年収】

  • 平均年収:502万3,600円
  • 平均月収:35万5,100円
  • 平均年間賞与額:76万2,400円

 

 

(1)薬剤師で給料アップを実現するには?

(1)企業の営業かドラッグストアが狙い目!

薬剤師の転職を給料だけで見ると、製薬会社や食品・化粧品メーカーでの研究職や営業職として働く方が、年収は高くなる傾向があります。転職の目的が年収アップなら、企業やドラッグストアに的を絞って、応募するのがおすすめです。

 

(2)調剤薬剤師としての年収アップ

あくまでも調剤を行う薬剤師として転職しながら、年収アップを目指す場合には、自分の経験に裏打ちされた、自己PRがきちんと行えることがポイントとなります。自分のキャリアビジョンと応募先の理念がマッチしているかどうか、自分がそこでどんな仕事をしていきたいのかを、自分の言葉で語れるようにしておくのが大事です。

 

(3)薬剤師として年収アップを狙う

そして、薬剤師の転職で年収アップの条件は何かというと、自分のそれまでのキャリアを活かせるかどうか、前職の給料を考慮してくれる職場かどうか、組織が大きく将来役職に就くことが可能かどうか、管理薬剤師を経験しているかどうかなどです。大都市よりは地方の方が採用に苦戦しているので、転居を伴う転職を検討すると、年収アップしやすくなります。

 

とはいえ、薬剤師が転職する場合、年収以外の雇用条件によっては、年収アップと変わらない条件がつくこともあります。住宅手当や家族手当、有資格者への加算など、福利厚生面のチェックも重要です。家族がいる薬剤師の場合は、転勤の有無も考慮する必要がありますので、求人票をきちんと読み込み、面接時などに確認しておくとよいでしょう。

 

 

 

(2)給与が高い薬剤師の仕事環境とは?

(1)ドラッグストア

実は、ドラッグストアというのは、薬剤師の転職先の中で最も給料が高い転職先なんです!ドラッグストアと、調剤薬局、病院、製薬会社の平均年収を比較すると、以下のようになります。

 

【それぞれの平均年収】

  • ドラッグストア:519万円
  • 調剤薬局:487.4万円
  • 病院:458.1万円
  • 製薬会社:416.3万円

 

 

 

(2)地方の職場

もうひとつの、“てっとり早く給料がアップする職場”となるのが、「地方の職場」です。 というのも、地方では薬剤師が不足しているため、薬剤師の給料を高めに設定しています。だから、地方の職場に転職することで、一気に給与をアップさせることが出来るんですね。 

 

たとえば、ドラッグストアの平均年収を比較してみると、地方と都心では以下のような差があります。地方は都心よりも物価が安いため、実質的な所得(自由に使えるお金)はさらに高く、生活がより豊かになりやすいといえます。なので、てっとり早く給料を上げたいなら、“地方の職場に転職する”のも1つの手ですネ!

 

【地方・都心のドラッグストアで働く薬剤師の平均年収比較】

  • 地方で勤める薬剤師の平均年収:523.58万円
  • 都心で勤める薬剤師の平均年収:519万円

 

 

 

(3)小規模の会社

 実はなんと、大規模の会社よりも小規模の会社の方が薬剤師の平均年収が高いんです!というのも、小規模の会社は“少数精鋭”という考え方で、社員一人一人の力量を評価してくれ、高い給料を支払ってくれるところが多いからなんですね。ただし、大規模な会社のように教育制度がきちんと整備されていることが少ないため、即戦力として活躍できない場合は、厳しい環境になるかもしれません。

 

 

【小規模の会社(10〜99人)】

  • 平均年収:610万6,000円
  • 平均月収:45万4,900円
  • 平均年間賞与額:64万7,200円

 

【中規模の会社(100〜999人)】

  • 平均年収:502万4,600円
  • 平均月収:36万円
  • 平均年間賞与額:70万4,600円

 

【大規模の会社(1,000人以上)】

  • 平均年収:502万3,800円
  • 平均月収:34万3,900円
  • 平均年間賞与額:89万7,000円

 

 

(3)さらに上を目指すなら

どのような転職先を選べば、年収が700万や1000万といった高給を目指せるでしょうか。求人が多いものとしては、チェーン店系のドラッグストアや製薬会社の「エリアマネージャー」があります。

 

各薬局や営業所と本社との間に立ち、個々の店舗や支店の問題点を明らかにして解決策を提案し、社員などのスタッフの指導も行います。ドラッグストアや製薬企業の現場での勤務経験が必要ですが、社員として就職するなら、エリアマネージャーや本社管理職も目指せます。

 

 また、製薬会社で医療情報担当者(MR)として働くことも、高収入を目指せる方法です。大手製薬企業の場合は、年収が1000万円を超えることも珍しくありません。病院と製薬会社をつなぐ役割ですので、豊富な知識と経験、そして何より高いコミュニケーションのスキルが求められます。その他にも、製薬会社で新薬開発に携わることなども、高収入を目指せる一つのルートです。

 

 そして、近年成長してきている分野に、「在宅医療」があります。患者さんの家庭を訪問して服薬指導を行う仕事ですが、医師や看護師と組んでチーム医療を行う働き方でもあります。

 

 

 

(4)年収1000万の薬剤師とは?

(1)大手企業で管理職や役職に就く

大手チェーンの薬局の管理職や、大手製薬企業などの役職に就くと年収1000万以上を望む事が出来ます。
主要製薬メーカーの動向をリアルタイムに配信しているMRBizの調べでは上場製薬メーカーの平均年収
は、以下のようになっています。

 

ただこのような大手の上場企業は新卒からの採用がほとんどで、よほどのキャリアや実績が無いと転職は狭き門でもあります。

 

  1. 大塚ホールディングス 1104.7万円
  2. シンバイオ製薬 1087.6万円
  3. エーザイ 1040.1万円
  4. 第一三共 1036.3万円
  5. アステラス製薬 1035.9万円
  6. キョーリン製薬ホールディングス 980.7万円

 

(2)研究職、MR、CRCなど

臨床開発モニター(CRA)、MR(医薬情報担当者)など営業色の強い職種だと成果報酬の所が多く、自分の頑張り次第で年収1000万も望む事が出来ます。

 

(3)大学の薬学部の教授

薬学部の大学教授は平均1000万〜1400万程で、准教授でも1000万を超えるところもあります。

 

(4)独立して開局する

経営のノウハウを勉強して、資金があればドラッグストアや薬局を経営するという道もあります。軌道に乗れば年収1000万どころの騒ぎではありませんが、個人経営の薬局は大手に吸収されたりと経営が難しい状況で、そういったリスクも覚悟しなくてはなりません。その他に大手薬局のフランチャイズと言う選択肢もあります。

 

 

 

(5)薬剤師で年収1000万稼ぐ為に必要な行動とは?

(1)自分の価値、実績を上げる

年収1000万を稼ぐと言うのは半端な努力で出来るものではありません。自分の価値を理解して、実績を上げ、年収1000万を稼ぐのに見合うような人にならなければいけません。自分はどのような点に秀でていて、どんな仕事なら実績を上げる事ができるのかを考え、着実にステップアップしていく事が年収1000万に近づく道です。

 

(2)MR、MSなどの営業色を探す

MR(医薬情報担当者)やMS(医薬品卸販売担当者)などは成果報酬制の所も多く実力次第で、年収1000万を望む事も出来ます。ただ、MRやMSは求人数も少なく転職のハードルはかなり高いです。いきなり転職して年収1000万以上稼ぐことは難しいでしょう。しかし年収1000万に近づくように努力することは無駄にはなりません。自分の価値を上げて、着実にスキルを伸ばして、大手のストアで役職や管理職を目指しましょう。

 

先ほども調べたマイナビ薬剤師では年収1000万とまではいきませんが、「年収600万以上可」という求人を検索することが出来ます。この求人だと全国で8000件以上あり、こういった企業に転職してステップアップするのも年収1000万に近づく一つの選択肢ではないでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

薬剤師の仕事で年収アップを実現させるには、日々の業務を確実に行い、経験値を積むことが第一です。しっかりと実力が付いたならば、選択肢は大きく広がります。

 

異業種への転職を考える場合は、キャリアコンサルタントがいる転職エージェントサイトを活用することがおすすめです。各自の適性を判断し、豊富な経験に基づいた具体的なアドバイスをキャリアコンサルタントから受けることができます。

 

自分では気付かなかった適性に気付くこともあるかもしれません。積極的に相談して、年収アップの転職を成功させましょう。薬剤師専門もしくは医療系転職エージェントサイトに登録することが、転職成功の第一歩となるでしょう。

 

 

 

こんな記事も読まれています!


(1)薬剤師の求人で給料が高い(高収入の)調剤薬局とは? 


(2)転職希望の方必見!薬剤師の8つの業種別メリット・デメリット! 


(3)薬剤師の転職で「給料が高い」おすすめのドラッグストアとは? 


(4)薬剤師が転職する前に知るべき11個のポイント! 


(5)薬剤師の求人で「給料が高い」おすすめの「病院」とは? 


(6)薬剤師の転職で「給料が高い」おすすめの「企業」とは? 


(7)薬剤師が転職を決断する6つの理由とは? 


(8)3年連続で「利用者満足度No.1」の薬剤師転職サイトとは? 


(9)最大40万円のお祝い金がもらえる薬剤師転職サイトとは? 


(10)薬剤師の転職情報サイト満足度ランキング 2020最新版! 


高収入! 都道府県別でおすすめの薬剤師の求人は?



薬剤師の転職サイトを徹底比較! 2020年最新版!

薬剤師の転職サイトを徹底比較しました。転職されている方の多くは、転職エージェントに3社程度登録して、比較しながら転職活動をされている方がほとんどです。


「求人件数」と「特徴」などを参考に、転職活動をしっかりとサポートしてくれる転職エージェントを上手に使い、転職を成功させて下さい。



エージェント名 登録件数と特徴
おすすめNo1
マイナビ薬剤師



求人件数

43,812


特徴

マイナビ薬剤師は、「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職・就職支援サービスです。


首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーし、満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。


薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、マイナビ薬剤師は、3年連続で「利用者満足度No.1」の評価を得ている転職支援サイトです!


オフィシャルサイト

マイナビ薬剤師

おすすめNo2
ファルマスタッフ



求人件数

77,023


特徴

ファルマスタッフは、高収入情報が満載の薬剤師専用「求人・派遣・転職」サイトです。充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートしてくれます。薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績です。


ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントです。ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしています。


そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しています。


オフィシャルサイト

ファルマスタッフ

おすすめNo3
薬剤師転職ドットコム



求人件数

24,452


特徴

薬剤師転職ドットコムは、業界トップクラスの求人数を誇る「薬剤師転職支援サイト」です。


薬剤師の方で新しい転職先を探す方が、すべて無料で、「求人探し〜キャリア相談〜応募〜面接〜条件交渉・日程調整〜入職の手続き」のサポートを受けられます。


東証上場グループ企業ですので、「厳重な個人情報管理体制」や転職サポート体制も他社に比べて手厚いのが特長になります。

オフィシャルサイト

薬剤師転職ドットコム

おすすめNo4
ジョブデポ薬剤師



求人件数

32,260


特徴

ジョブデポ薬剤師は、8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイトです。常勤・非常勤を問わず全国の薬剤師の転職をサポートしています。


専任のコンサルタントが求職者の希望条件をヒアリングしてそれに合致したお仕事をスピーディーに紹介してくれます!

オフィシャルサイト

ジョブデポ薬剤師

おすすめNo5
薬キャリ(エムスリーキャリア)



求人件数

33,000


特徴
  1. 業界最大級!3万件以上の求人情報数
  2. 薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
  3. 地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
  4. 紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能

オフィシャルサイト

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

おすすめNo6
ファル・メイト



求人件数

4,793


特徴

ファル・メイトは薬剤師の派遣・紹介予定派遣の求人紹介会社です。子育て中の空いている時間を有効活用したい、Wワークをしたい、ちょっとつなぎで派遣の仕事をしたと思っている薬剤師には最適です。


薬剤師の資格を生かして働く雇用形態には、正社員やパートやアルバイト、契約社員や人材派遣などがあります。


このうち、正社員やパートのお仕事は、比較的多くの薬剤師求人サイトで見つけることができますが、契約社員や人材派遣などの雇用形態は見つけにくいという特徴があります。


ファル・メイトでは、こうした人材派遣や契約社員の雇用形態の求人も豊富に取り扱っていて、高い時給と抜群の好条件で転職先を見つけることができます。

オフィシャルサイト

【ファル・メイト】